読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介とは程遠いもの

自分語り

浜中担としての扉を開けてから数か月、本腰入れて追いかけるようになってから約2か月。
私は私のことがわからなくなっている。今までどんなスタンスで応援してきた?どれくらいのキャパシティで迎え入れればいい?*1
Twitterでもいろんな発言をしているので、おそらく覗き見した人は頭がおかしい人だと思うだろう。

まぁ、それでもいいかな。(絶賛ネガティブ)
自己紹介とかするもの?自己紹介と写真撮影が嫌いすぎて合コン的な飲み会には一切参加したことないけど??
と多少ゴネつつも誰にも要求されていない自己紹介をおしつけさせていただきますね。

・世が世なら浜中世代と呼ばれるであろう2○歳の妙齢とは程遠い女

・コミュニケーションツールとしての笑顔、ある程度慣れてくるとだいたい真顔、さらに慣れてくると楽しそうに笑います

あれ、これって浜中文一さんみたいじゃない?(黙れ)

好きなもの:金髪、色白の肌、色素薄い瞳、ノーブルな雰囲気、繰り返したくなる日本語、自分の仕事にプライドを持っている人、きれいな骨格(特に上半身)

嫌いなもの:自分が映る写真、明度の高い光、魚介類、クズを自覚している私にクズ認定されるクズ

Twitterもblogも一生やることはなく死んでいくと思っていたくらいなのにうっかり始めてしまっている。
Twitterは完全に読み物として関わっているが、自分考察をするに140字の壁は高い。

人って本気で好きになると変われるのね…(急に痛々しいくらいのポエムを読む癖は昔から)

 

なお、余談ではあるが、私はお互いをソウルメイトと呼ぶ友人から、
「本当に人を好きになったことがないんだよ」と言われ、そんなことはない!と言い返したが
それからぐるぐるこのことについて考えてはいる。
え、2.5次元もカウントに入れていいかな?(エア)

さて、()芸も先人たちにおもしろおかしく展開していただいているが、私がやるとただのうっとうしいやつと思って読んでもらえないかもしれないのでここら辺でやめておこう。

 

閑話休題
世俗との繋がりを断っていた私がtwitter並びにblogの世界に降り立つ原因もといきっかけをくれた浜中文一さんについて語っておくことは必要だろう。

悪ふざけもここまでくると恐怖だろうか?
(願わくば、該当事務所の誰かに引っかかってしまうことがないことを祈っているが、おそらくないだろうね)

 

私の好きを考える場所として、この場を広げておく。

自分に自信はあるくせに自己肯定感が低い超ネガティブ人間が、できるだけポジティブに思い込もうともがき続ける記録を残していきたい。

 

ブログのタイトルは、大好きなバンドspeenaのジレンマからお借りしています。
BBAが聞くには可愛すぎるけど、当時はまだいたいけな10代少女だったんだから仕方ないよね。

*1:cf.stereo